清水寺で人気のお土産や名入れストラップなら「千社札」きよら

「千社札」とは?

What is “Senjafuda”?

江戸時代、千社参り(たくさんの神社仏閣を詣でる事)の際に自分が参拝した証として名前を書いた木札(千社札)を納める習慣が生まれました。
江戸時代の中頃には「自分の千社札がある間はご利益が得られる」と大流行し、京都や伊勢など全国の神社仏閣で見られるようになりました。
当時、大流行した千社札ですが、昨今では縁起物として親しまれております。

In Edo period,(1603-1868)when people went to Senjamairi(Visit many temples and shrines),The people wrote one’s name to the small board of the wood(Senjafuda)and offer it,as the proof that visited at temples and shrines.
This became the custom in the way.

See more

2018/01/26

「千社札」とは? What is “Senjafuda”?

©「千社札」きよら.